三日月極意

けん持ちで中皿を自分の方へ向けて水平にしてけん玉をあげ、大皿の縁と胴に寄りかかるようにのせます。けんを持つときに上からではなく、横から持つとやりやすくなります。