胡蝶の舞

けんを逆さにして中皿のあたりを上からつかんで持ちけん玉を左右に振ります。けん玉が頭の上あたりに来るイメージで振りあげ、右手を肩の左側に持っていき、けんよりもけん玉が高くあがったらけんを離し、けんが右側に来たらけんをとり、もう一回同じように投げ、けんが右側に来たらけんをとり、けんの下をけん玉が通り過ぎたらけんを引いて一回転したけん玉をけんに入れます。円月殺法よりも強めに振ると二回目がうまく回ります。持ち方・振り方は自由です。