逆回転すくいはねけん

けん玉の穴を下にした状態で玉持ちをし、けんを真っ直ぐにあげてけんを入れ手首を返し、すくいけんをします。あげるときにけん玉の穴を下にして、けんが抜ける直前にけん玉を奥に押して、けんを奥から手前に回転させてけん先が上を向いたらけん玉にいれ、手首を返します。