すくいけん 2

けん玉の穴を下にした状態で玉持ちをし、けんを真っ直ぐにあげてけんを入れ手首を返します。こちらは、すくいはねけんなどをやるときに、こちらのやり方ですくいけんをします。