けん先表裏すべり

けん持ちで手の甲を上にしてあげ、けん先にけん玉をのせます。けん先の上を滑らせてけんを立てながらけん玉を入れます。少しあげて手の甲を下にしてけん先にのせ、けん先の上を滑らせてけんを立てながらけん玉を入れます。けん先すべりからうらけん先すべりへは、けんを真っ直ぐにしてけんを傾けます。けん玉をあげるときは高くあげると回転がかかりすぎるので、けんからけん玉が抜けるギリギリの高さにあげると成功しやすくなります。