うらけんフリップ地球まわし

中皿のあたりを持ってとめけんなどを決めます。けんを少し傾けた状態からあげ、けん玉を一回転させている間にけんを投げ、けんを左から見て反時計回りに一回転させてからけんをとり、けんに入れます。けん玉の近くでけんを回すと、糸が引っ張らないでうまく回ります。あげるときに膝を深くすると、けん玉の回転がゆっくりになります。けんを傾ける角度が大きいとけん玉の回転がかかりすぎるので、少し傾けた状態から真上にあげるイメージだとけん玉の回転がゆっくりになります。