あやとり

右手の手のひらにけん玉の穴をあててけん玉を掴み、右手の人差し指に糸を手前から奥に向かってかけます。けんをあげて人差し指とけん玉の間にできた輪っかの中にけんを入れます。けんをあげる時に高いと輪っかが小さくなりますので、けん玉がある高さにあげると輪っかが大きくなります。けんをあげる時に人差し指の糸が離れると輪っかができないので、人差し指に糸を当てることを意識すると輪っかができます。