このエントリーをはてなブックマークに追加

すべり・投げ上げ系

持ち方

右利きで紹介しています。左利きは逆になります。

基本としましては、力を抜き、腕の力ではなく膝を使って上げてください。腕の力で上げると思い通りにコントロールできません。まずは基本の上げ方を練習しましょう。

けん先すべり

滑り台

動画はこちら ↑

けん持ちで手の甲を上にしてあげ、けん先にけん玉をのせます。けんを右に引きながら膝を曲げてけん先の上のけん玉を滑らせて、けんを立てながらけん玉を入れます。けん玉がけん先から離れてはいけません。

うらけん先すべり

滑り台

動画はこちら ↑

けん持ちであげ、手の甲を下にして中皿を自分に向けてけん先にけん玉をのせます。けんを自分の方に引きながら膝を曲げてけん先の上のけん玉を滑らせて、けんを立てながらけん玉を入れます。けん玉がけん先から離れてはいけません。

けん先表裏すべり

滑り台

動画はこちら ↑

けん持ちで手の甲を上にしてあげ、けん先にけん玉をのせます。けん先の上を滑らせてけんを立てながらけん玉を入れます。少しあげて手の甲を下にしてけん先にのせ、けん先の上を滑らせてけんを立てながらけん玉を入れます。けん先すべりからうらけん先すべりへは、けんを真っ直ぐにしてけんを傾けます。けん玉をあげるときは高くあげると回転がかかりすぎるので、けんからけん玉が抜けるギリギリの高さにあげると成功しやすくなります。

つばめ返し

燕

動画はこちら ↑

大皿にけん玉をのせます。けん玉をあげ、けん玉のまわりをけんで一回転させ大皿にのせます。大皿からけん玉をあげるときに少し高くあげると成功しやすくなります。

さか落とし

皿

動画はこちら ↑

灯台などを決めます。自分の方へ少し傾けながらけんをあげ、けんが半回転したらけん玉に入れます。傾ける角度が大きいと回転がかりすぎるので、少し自分よりに上にあげると成功しやすくなります。

ろうそく返し

ろうそく

動画はこちら ↑

ろんそく持ちで奥にけんを動かしながらけん玉をあげろうそくを決めます。自分の方へ傾けながらけんを投げあげ、半回転したけんをとり、けん玉の穴が下を向いたらけんに入れます。けん玉をのせるときに、穴が自分の方へ向いていると成功しやすいです。

灯台返し

灯台

動画はこちら ↑

玉持ちからけんをあげ、けん玉で中皿の縁を軽くたたき、半回転したけんをけん玉に入れます。膝を深くすると小さな力で高くあがるので、けん玉を当てやすくなります。

けん先たたき一回転飛行機

飛行機

動画はこちら ↑

玉持ちで斜めに構えて、自分の方へ引きながらけんをあげます。けん先が下を向いたらけん玉でけん先を軽くたたき、一回転したけんをけん玉に入れます。膝を深くしてあげ、引くときの角度を小さくすると回転がゆっくりになります。

大皿~回転おとしけん

皿

動画はこちら ↑

けん持ちから自分の方へけんを引き、けん玉の穴が奥に向くようにしてあげます。中皿を自分の方へ向けて大皿にのせ、自分の方へ傾けながらけんを投げあげ、けん玉の穴が上を向いたらけん玉をとり、けん先が下を向いたらけん玉に入れます。大皿にのせてけんを傾けるときに力が強いと回転がかかりすぎるので、力を抜いて傾けると成功しやすくなります。