このエントリーをはてなブックマークに追加

まわし系

持ち方

右利きで紹介しています。左利きは逆になります。

基本としましては、力を抜き、腕の力ではなく膝を使って上げてください。腕の力で上げると思い通りにコントロールできません。まずは基本の上げ方を練習しましょう。

地球まわし

地球

動画はこちら ↑

とめけんなどを決めます。けんを立てながらあげ、けん玉が奥から手前に一回転したらけんに入れます。

二回転地球まわし

地球

動画はこちら ↑

とめけんなどを決めます。けんを立てながらあげ、けん玉が抜ける直前にけん先でけん玉の穴を引っ掛けるとうまく回ります。けん玉が奥から手前に二回転したらけんに入れます。けん玉の近くにけんを持ってくると、糸が引っ張らないでうまく回ります。

うら地球まわし

地球

動画はこちら ↑

とめけんなどを決めます。けん先でけん玉の穴の奥側を引っ掛けてあげ、手前から奥に一回転したらけんに入れます。

けんフリップ地球まわし

地球

動画はこちら ↑

とめけんなどを決めます。けんを立てながらあげ、けん玉を一回転させている間にけんを投げ、けんを左から見て時計回りに一回転させてからけんをとり、けんに入れます。けん玉の近くでけんを回すと、糸が引っ張らないでうまく回ります。あげるときに膝を深くすると、けん玉の回転がゆっくりになります。けんの立てるスピードと膝の深さでけん玉のスピードをコントロールします。けんを持つ位置は中皿の位置でも構いません。

風車地球まわし

風車

動画はこちら ↑

風車持ちから、とめけんなどを決めます。けんを立てながらあげ、けん玉を一回転させている間に人差し指を軸にけんを一回転させ、けんに入れます。けん玉の近くでけんを回すと、糸が引っ張らないでうまく回ります。あげるときに膝を深くすると、けん玉の回転がゆっくりになります。けんの立てるスピードと膝の深さでけん玉のスピードをコントロールします。

はねけん

けん玉

動画はこちら ↑

飛行機などを決めます。けんを奥に傾け、手前に傾けながらあげ、けんが奥から手前に一回転したらけん玉に入れます。

二回転はねけん

けん玉

動画はこちら ↑

飛行機などを決めます。けんを奥に傾け、手前に傾けながらあげます。けんがけん玉から離れる直前に、けん玉でけん先を引っ掛けると上手く回ります。けんが奥から手前に二回転したらけん玉に入れます。けんをあげたときにけんの近くにけん玉を持ってくると、糸が引っ張らないでうまく回ります。

うらはねけん

けん玉

動画はこちら ↑

飛行機などを決めます。けんを真っ直ぐ立てて、少しあげけんが離れる直前でけん玉を自分の方へ引き、けんを手前から奥に一回転させてけん玉に入れます。

横はねけん

けん玉

動画はこちら ↑

飛行機などを決め、けん玉が右側にくるように小皿を自分に向けてけんを水平にします。膝を使ってあげながら、けん玉を少し右奥に動かしてけんを抜きけんを一回転させ、けん先が右を向いたときにけん玉にいれ手首を返します。あげるときに膝を使ってあげないとけんがうまく回りません。

タップはねけん

けん玉

動画はこちら ↑

飛行機などを決めます。けんを奥に傾け、手前に傾けながらあげ、中皿の縁をけん玉であて、けんを逆回転させてけん玉に入れます。膝を深くしてあげると、回転がゆっくりになります。

ガンマン

フィギュア

動画はこちら ↑

ガンマン持ちからあげ、けんとけん玉が離れないように人差し指を軸に一回転させけんをとります。あげるときに上まであげてから回すとうまく回ります。

ターンテーブル

ターンテーブル

動画はこちら ↑

中皿を自分の方へ向け小皿の下に人差し指をあて、大皿にけん玉をのせます。指とけんとけん玉が離れないようにあげ、人差し指を軸に時計回りに一回転させけんをとります。膝を使って人差し指でバランスを取りながらあげ、回しやすい高さに来たら手首を返して回すと成功しやすくなります。

うらガンマン

フィギュア

動画はこちら ↑

ガンマン持ちからけんが地面スレスレに来るように膝を深くして、膝を伸ばしながら人差し指を離します。中指を軸にけんが回りますので、けんが1回転したらけんを取ります。人差し指を離すとすぐに回転しますので、人差し指を離したらすぐに中指を軸に素早くけんを回転させると成功しやすくなります。

うらけんフリップ地球まわし

地球

動画はこちら ↑

中皿のあたりを持ってとめけんなどを決めます。けんを少し傾けた状態からあげ、けん玉を一回転させている間にけんを投げ、けんを左から見て反時計回りに一回転させてからけんをとり、けんに入れます。けん玉の近くでけんを回すと、糸が引っ張らないでうまく回ります。あげるときに膝を深くすると、けん玉の回転がゆっくりになります。けんを傾ける角度が大きいとけん玉の回転がかかりすぎるので、少し傾けた状態から真上にあげるイメージだとけん玉の回転がゆっくりになります。