このエントリーをはてなブックマークに追加

うぐいす・極意系

持ち方

右利きで紹介しています。左利きは逆になります。

基本としましては、力を抜き、腕の力ではなく膝を使って上げてください。腕の力で上げると思い通りにコントロールできません。まずは基本の上げ方を練習しましょう。

うぐいす

鶯

動画はこちら ↑

けん持ちでけん玉をあげます。大皿の縁とけん先に寄りかかるようにのせます。けん玉をのせるときにしっかりと膝を使ってのせないとのりません。

小皿うぐいす

鶯

動画はこちら ↑

けん持ちでけん玉をあげます。小皿の縁とけん先に寄りかかるようにのせます。けん玉をのせるときにしっかりと膝を使ってのせないとのりません。

前ふりうぐいす

鶯

動画はこちら ↑

けん持ちで斜めに構えます。けん玉を離してけんの下を通過したらお腹の方へけんを引き、大皿の縁とけん先に寄りかかるようにのせます。けん玉をのせるときにしっかりと膝を使ってのせないとのりません。

うぐいすの谷渡り

鶯

動画はこちら ↑

けん持ちでけん玉をあげます。大皿の縁とけん先に寄りかかるようにのせ、少しあげて小皿の縁とけん先に寄りかかるようにのせ、少しあげてけんに入れます。うぐいすからけん玉をあげるときに高くあがると難しくなります。

さるのこしかけ

猿

動画はこちら ↑

ろうそく持ちでけん玉をあげ、大皿の縁とけんに寄りかかるようにのせます。

小皿さるのこしかけ

猿

動画はこちら ↑

ろうそく持ちでけん玉をあげ、小皿の縁とけんに寄りかかるようにのせます。

エベレスト

エベレスト

動画はこちら ↑

ろうそく持ちでけん玉をあげ、小皿の縁とけんに寄りかかるようにのせ、少しあげて中皿にのせ、次に大皿の縁とけんに寄りかかるようにのせます。小皿から中皿への移動はけん玉を少しあげて、けんの方を動かすとうまくできます。中皿から大皿へは少しあげてけんの位置はそのままで、深めに膝を使ってのせるとうまくのります。

すべり止め極意

けん玉

動画はこちら ↑

極意持ちでけん玉をあげ、すべり止めにのせます。けん玉が一番上に来た位置でのせると成功しやすくなります。けん玉をのせるときにしっかりと膝を使ってのせないとのりません。

太陽極意

太陽

動画はこちら ↑

けん持ちでけん玉をあげ、手のひらを上にしてすべり止めにのせます。けん玉が一番上に来た位置でのせると成功しやすくなります。けん玉をのせるときにしっかりと膝を使ってのせないとのりません。

中皿極意

けん玉

動画はこちら ↑

極意持ちでけん玉をあげ、中皿の縁にのせます。けん玉が一番上に来た位置でのせると成功しやすくなります。けん玉をのせるときにしっかりと膝を使ってのせないとのりません。

極意わたり

けん玉

動画はこちら ↑

極意持ちでけん玉をあげてすべり止めにのせ、少しあげて中皿の縁にのせます。けん玉が一番上に来た位置でのせると成功しやすくなります。けん玉をのせるときにしっかりと膝を使ってのせないとのりません。すべり止めから中皿へはけん玉を高くあげると難しくなります。けん玉をあげてけんを素早く中皿極意の位置にけんを移動させます。

三日月極意

三日月

動画はこちら ↑

けん持ちで中皿を自分の方へ向けて水平にしてけん玉をあげ、大皿の縁と胴に寄りかかるようにのせます。けんを持つときに上からではなく、横から持つとやりやすくなります。

小皿三日月極意

三日月

動画はこちら ↑

けん持ちで中皿を自分の方へ向けて水平にしてけん玉をあげ、小皿の縁と胴に寄りかかるようにのせます。けんを持つときに上からではなく、横から持つとやりやすくなります。

さるのこしかけ返し

猿

動画はこちら ↑

ろうそく持ちでけん玉をあげ、大皿の縁とけんに寄りかかるようにのせます。けんを自分の方に向かって傾けながら投げあげ、けんが半回転したらけんを取りけん玉の穴が見えたらけんに入れます。