このエントリーをはてなブックマークに追加

飛行機系

持ち方

右利きで紹介しています。左利きは逆になります。

基本としましては、力を抜き、腕の力ではなく膝を使って上げてください。腕の力で上げると思い通りにコントロールできません。まずは基本の上げ方を練習しましょう。

飛行機

飛行機

動画はこちら ↑

けん玉持ちから斜めに構えます。けんを離してけん玉の下を少し通り過ぎたらあげて、あごにむかってけん玉を引き、けんを半回転させてけん玉にさします。けん玉を引くときに角度がつくとけんが回りすぎるので、引く時の角度でけんの回転をコントロールします。けんを離すときに指で反時計回りに少しけんを捻ると、完成した時に大皿が手前に来て次の技に繋げやすくなります。

一回転飛行機

飛行機

動画はこちら ↑

けん玉持ちから斜めに構えます。けんを離してけんがけん玉の下を通過したらももに向かってけん玉を引き、けんを一回転させてけん玉に入れます。けん玉を引くときに角度がつくとけんが回りすぎ、角度がつかないとけんが回りません。引く時の角度でけんの回転をコントロールします。

二回転飛行機

飛行機

動画はこちら ↑

けん玉持ちから斜めに構えます。けんを離してけんがけん玉の下を通過したら真下に向かってけん玉を引き、けんを二回転させてけん玉に入れます。けん玉を引くときに一瞬引くイメージだとうまく回転します。

八の字飛行機

飛行機

動画はこちら ↑

けん玉持ちから斜めに構えます。けんを右側の奥から手前にまわし、次に左側の奥から手前にまわし、けん玉の下をけんが通過したらけん玉をあごに向かって引き、半回転したけんをけん玉に入れます。

つるし飛行機

けん玉

動画はこちら ↑

けんを左側でつるし持ちをして、けん玉を真上にあげるイメージで投げます。けん玉が半回転したらけん玉をとり、半回転したけんをけん玉に入れます。あげるときに膝を深くすると回転がゆっくりになります。

つるし一回転飛行機

けん玉

動画はこちら ↑

けんを左側でつるし持ちをして、けん玉をあごに向かって引きながら投げます。半回転したけん玉をとり、一回転半したけんをけん玉に入れます。

つるし二回転飛行機

けん玉

動画はこちら ↑

けんが左側でつるし持ちをして、お腹に向かって一瞬強く引きながら投げます。半回転したけん玉をとり、二回転半したけんをけん玉に入れます。

スクランブル飛行機

飛行機

動画はこちら ↑

けん玉持ちで斜めに構えます。けんを離してあげ、けんがけん玉よりも上にあがったらけん玉を離し、けん玉のすぐ近くの糸を中指で引っ掛けてけんを下に回転させ、けん玉の穴が上に向いたらけん玉をとり、けんがけん玉の下を通過したらけん玉をあごに向かって引き、半回転したけんをけん玉に入れます。