このエントリーをはてなブックマークに追加

ふりけん系

持ち方

右利きで紹介しています。左利きは逆になります。

基本としましては、力を抜き、腕の力ではなく膝を使って上げてください。腕の力で上げると思い通りにコントロールできません。まずは基本の上げ方を練習しましょう。

ふりけん

けん玉

動画はこちら ↑

けんを持って左手でけん玉をもち自分の方へ少し引きます。けん玉を離してけんの下を少し通り過ぎたら膝を使ってあげながらけんをお腹に向かって引いて回転をかけ、穴が見えたらけんをさします。

うらふりけん

けん玉

動画はこちら ↑

けん持ちでけんを水平にします。けん玉をあげるときに、奥にけんを動かして回転を手前から奥にかけます。けん玉が一回転したらけんをいれます。

つるしふりけん

けん玉

動画はこちら ↑

けんが左側でつるし持ちをします。自分の方へ糸を引きながら上に投げます。けんが半回転したらけんをとり、けん玉が奥から手前に一回転したらけんをいれます。膝を深くして投げあげると、回転がゆっくりになります。

ふりけんつむじ風

風

動画はこちら ↑

けん持ちから斜めに構えます。けん玉を離しけんの下を通過したら軽くけんを引きます。けん玉が落ちてくる前にけんを一回転させてけんをとり、けん玉に入れます。けんを投げる時にけん玉の近くで投げると、糸が引っ張らないでけん玉がうまく回ります。

逆回転ふりけんつむじ風

風

動画はこちら ↑

けん持ちから斜めに構えます。けん玉を離しけんの下を通過したら軽くけんを引きます。けん玉が落ちてくる前にけんを手前から奥に一回転させてけんをとり、けん玉に入れます。けんを投げる時にけん玉の近くで投げると、糸が引っ張らないでけん玉がうまく回ります。

風車ふりけん

風車

動画はこちら ↑

風車持ちから斜めに構えます。けん玉を離してけんの下を通過したら自分の方へけんを引きます。人差し指を軸にけんを回してけん玉に入れます。けん玉の近くで回すとけん玉がうまく回転します。けん玉が落下中にけんを回しても大丈夫です。

ろうそくうらふりけん

ろうそく

動画はこちら ↑

ろうそく持ちからけんを水平にします。けんを立てながら奥へ動かしてけん玉を手前から奥に回転させます。けんを半回転させてけんをとりけん玉に入れます。けんを回転させる方向は自由です。けん玉をあげるときに高めにあげるとうまくできます。