このエントリーをはてなブックマークに追加

とめけん系

持ち方

右利きで紹介しています。左利きは逆になります。

基本としましては、力を抜き、腕の力ではなく膝を使って上げてください。腕の力で上げると思い通りにコントロールできません。まずは基本の上げ方を練習しましょう。

とめけん

けん玉

動画はこちら ↑

けん持ちでけん玉をまっすぐあげます。あげるときにけん玉の上から出ている糸を通す穴を見て、そこを真上にあげると真っ直ぐあがります。あげたら素早くけんをけん玉の下に持ってきてけんに入れます。

自由落下とめけん

けん玉

動画はこちら ↑

けん持ちでけんを高く上にあげます。素早くけん玉の下にけんを持ってきてけん玉にいれます。

つるしとめけん

けん玉

動画はこちら ↑

けんが右に来るようにしてけん玉を胴のあたりにもってきて、つるし持ちをします。上に投げてけんをとり、けんをけん玉の下に持ってきてけん玉に入れます。けん玉の糸が出ている穴を真上にあげるとけん玉が真っ直ぐあがります。

ろうそく持ちとめけん

ろうそく

動画はこちら ↑

ろうそく持ちからけん玉をあげて、けんを半回転させてけんをとり、けん玉に入れます。

フリップとめけん

けん玉

動画はこちら ↑

けん持ちからけん玉をあげ、けんを一回転させてけんをとり、けん玉に入れます。

掛け軸返しとめけん

掛け軸

動画はこちら ↑

掛け軸持ちからけんを一回転させながらけん玉をあげてけんをとり、けん玉に入れます。けんをあげるときに一瞬強くをイメージしてあげるとけん玉が高くあがります。