このエントリーをはてなブックマークに追加

皿系

持ち方

右利きで紹介しています。左利きは逆になります。

基本としましては、力を抜き、腕の力ではなく膝を使って上げてください。腕の力で上げると思い通りにコントロールできません。まずは基本の上げ方を練習しましょう。

大皿

皿

動画はこちら ↑

大皿持ちから玉をあげ、大皿にのせます。のせるときに膝を軽くまげ、衝撃を和らげるとうまくのります。

小皿

皿

動画はこちら ↑

小皿持ちから玉をあげ、小皿にのせます。のせるときに膝を軽くまげ、衝撃を和らげるとうまくのります

中皿

皿

動画はこちら ↑

中皿持ちから玉をあげ、中皿にのせます。のせるときに膝を軽くまげ、衝撃を和らげるとうまくのります

はやて中皿

皿

動画はこちら ↑

玉持ちでけんをさした状態にします。けん玉を軽く上に投げ上げ、空中でけんを握り、素早く上に抜いてけん玉の下に移動して中皿にのせます。

ろうそく

ろうそく

動画はこちら ↑

ろうそく持ちからけん玉を上げて中皿にのせます。膝を軽く曲げてうけるとうまくできます。

空中ブランコ

ブランコ

動画はこちら ↑

けんにけん玉を入れた状態で糸をつまみます。そこから膝を使って前に投げ上げ、けんが逆さになったらけんをとり、膝を使ってけん玉をあげて中皿にのせます。

フリップ大皿

皿

動画はこちら ↑

けん持ちで大皿を上にします。けん玉をあげてからけんを一回転させてけんをとり、大皿にのせます。

中皿フリップ中皿

皿

動画はこちら ↑

中皿をきめそこからけん玉をあげて、けんを一回転させてけんをとり、中皿にのせます。

野球けん~大皿

バット

動画はこちら ↑

大皿持ちから大皿をします。少しあげてけんを上下逆さにして中皿の縁でけん玉を軽く叩きます。けんの下にけん玉がきたら上にあげて大皿にのせます。お皿にのせるときに膝を深くしてのせるとお皿に止まりやすくなります。

野球けん~小皿

バット

動画はこちら ↑

大皿持ちから大皿をします。少しあげてけんを上下逆さにして中皿の縁でけん玉を軽く叩きます。けんの下にけん玉がきたら上にあげて小皿にのせます。お皿にのせるときに膝を深くしてのせるとお皿に止まりやすくなります。

野球けん~中皿

バット

動画はこちら ↑

大皿持ちから大皿をします。少しあげてけんを上下逆さにして中皿の縁でけん玉を軽く叩きます。けんの下にけん玉がきたら上にあげて中皿にのせます。お皿にのせるときに膝を深くしてのせるとお皿に止まりやすくなります。

野球けん~けん

バット

動画はこちら ↑

大皿持ちから大皿をします。少しあげてけんを上下逆さにして中皿の縁でけん玉を軽く叩きます。けんの下にけん玉がきたら上にあげて、けんの高さぐらいに来たらけんを軽く引いてけん玉の穴が見えたらけんに入れます。けんの引く強さが強かったり、けんを引くタイミングが速いとけん玉が回転しすぎるので、けんを引く強さとタイミングでけん玉の回転をコントロールします。

ろうそく空中ブランコ

ブランコ

動画はこちら ↑

けんにけん玉を入れた状態で糸をつまみます。そこから膝を使って前に投げ上げ、けんが逆さになったらけん先をとり、膝を使ってけん玉をあげて中皿にのせます。

うずしお空中ブランコ

ブランコ

動画はこちら ↑

けんにけん玉を入れた状態で大皿が右に来るようにして糸を人差し指にかけます。左手を離して奥から上、手前に来るようにけんを2,3回転回します。けんが手前に来たらスピードを緩め、下に来たら膝を使ってあげ、指から糸をはずします。けんが逆さになったらけんをとり、けん玉が下に来たら上にあげて中皿にのせます。けんを回す時にスピードがゆっくりだとけんとけん玉が離れてしまい、スピードが速いとタイミングが取りづらくなります。