このエントリーをはてなブックマークに追加

灯台・空中技系

持ち方

右利きで紹介しています。左利きは逆になります。

基本としましては、力を抜き、腕の力ではなく膝を使って上げてください。腕の力で上げると思い通りにコントロールできません。まずは基本の上げ方を練習しましょう。

灯台

灯台

動画はこちら ↑

玉持ちからけんをあげ、けん玉の上にのせ、3秒静止します。糸の出ている方を右になるようにけん玉を回しながらあわせます。けんを離すときに直前までけんを持つと安定してあげられます。あげるときに少し右に意識してあげるとまっすぐけんがあがります。けんが一番上に来た時に、けん玉を添えるようにのせます。初めはけん玉の上にけんをのせて感覚をつかんでください。右手を固定して力を抜くと安定します。

一回転灯台

灯台

動画はこちら ↑

玉持ちで小皿を自分の方へ向けて斜めに構えます。けんを離してけん玉の下を通り過ぎたらお腹の方へけん玉を軽く引き、一回転したけんをけん玉にのせます。膝を深くすると回転がゆっくりになります。けんをのせるときに膝を深くしてのせ、安定する位置に素早くけんを持っていくと成功しやすくなります。

灯立

灯台

動画はこちら ↑

飛行機などを決めた状態から、けん玉を軽くあげてけんを半回転させてけん玉にのせます。膝を深くすると回転がゆっくりになります。けんをのせるときに膝を深くしてのせ、安定する位置に素早くけんを持っていくと成功しやすくなります。

つるし灯台

けん玉

動画はこちら ↑

けんが左側に来るようにつるし持ちをし、けんを真っ直ぐあげるように投げあげ、けん玉をとってけん玉にけんをのせます。けんをのせるときに膝を深くしてのせ、安定する位置に素早くけんを持っていくと成功しやすくなります。

つるし一回転灯台

けん玉

動画はこちら ↑

けんが左側に来るようにつるし持ちをし、あごに向かって引きながら投げあげ、けん玉をとって一回転したけんをけん玉にのせます。膝を深くすると回転がゆっくりになります。けんをのせるときに膝を深くしてのせ、安定する位置に素早くけんを持っていくと成功しやすくなります。

はやて落とし

けん玉

動画はこちら ↑

けんを逆さにして中皿のあたりを上からつかんで持ちます。けん玉を前後に振り、けん玉がけんより高くあがったらけんを離し、けん玉をとって半回転したけんをけん玉に入れます。振り子が大きかったりけんを離すタイミングがはやいと回転がかかりすぎますので、振り子の大きさとけんを離すタイミングで回転をコントロールします。持ち方・振り方は自由です。

半宇宙遊泳

宇宙

動画はこちら ↑

けんを逆さにして中皿のあたりを上からつかんで持ち、けんを右側にもってきて左手でけん玉を持ちます。けん玉を離してけん玉が右から自分の前に戻ってきたらけんを離し、けん玉をとってけん玉の下をけんが通り過ぎたらけん玉を右上に向かって引き、半回転したけんをけん玉に入れます。持ち方は自由です。

宇宙遊泳

宇宙

動画はこちら ↑

けんを逆さにして中皿のあたりを上からつかんで持ちけん玉を左右に振ります。けん玉がお腹の前あたりに来るイメージで振りあげ、右手を腰の左側に持っていき、けんよりもけん玉が高くあがったらけんを離し、けんが上側から右側に来たあたりでけん玉をとり、上半身を左に向けてけん玉の下をけんが通り過ぎたらけん玉を顎に向かって引き、半回転したけんをけん玉に入れます。振り子が大きかったりけん玉を引くタイミングがはやいと回転がかかりすぎるので、振り子の大きさとけん玉を引くタイミングで回転をコントロールします。持ち方・振り方は自由です。

ジャンピング宇宙遊泳

宇宙

動画はこちら ↑

けんを逆さにして中皿のあたりを上からつかんで持ちけん玉を宇宙遊泳よりも大きめに左右に振ります。けん玉が胸の前あたりに来るイメージで振りあげ、右手を腰の左側に持っていき、けんよりもけん玉が高くあがったらけんを離し、けんが上側から右側に来たあたりでけん玉の近くの糸を右から左上に押しあげ、けんが上側から右側に来たあたりでけん玉をとり、上半身を左に向けてけん玉の下をけんが通り過ぎたらけん玉を顎に向かって引き、半回転したけんをけん玉に入れます。けん玉を引くタイミングがはやいと回転がかかりすぎるので、けん玉を引くタイミングで回転をコントロールします。持ち方・振り方は自由です。

宇宙遊泳一回転飛行機

飛行機

動画はこちら ↑

けんを逆さにして中皿のあたりを上からつかんで持ちけん玉を宇宙遊泳よりも大きめに左右に振ります。けん玉がお腹の前あたりに来るイメージで振りあげ、右手を腰の左側に持っていき、けんよりもけん玉が高くあがったらけんを離し、けんが上側から右側に来たあたりでけん玉をとり、上半身を左に向けてけん玉の下をけんが通り過ぎたらけん玉を腿に向かって引き、一回転半したけんをけん玉に入れます。持ち方・振り方は自由です。

円月殺法

月

動画はこちら ↑

けんを逆さにして中皿のあたりを上からつかんで持ちけん玉を左右に振ります。けん玉が頭の上あたりに来るイメージで振りあげ、右手を肩の左側に持っていき、けんよりもけん玉が高くあがったらけんを離し、けんが右側に来たらけんをとり、けんの下をけん玉が通り過ぎたらけんを引いて一回転したけん玉をけんに入れます。持ち方・振り方は自由です。

胡蝶の舞

蝶

動画はこちら ↑

けんを逆さにして中皿のあたりを上からつかんで持ちけん玉を左右に振ります。けん玉が頭の上あたりに来るイメージで振りあげ、右手を肩の左側に持っていき、けんよりもけん玉が高くあがったらけんを離し、けんが右側に来たらけんをとり、もう一回同じように投げ、けんが右側に来たらけんをとり、けんの下をけん玉が通り過ぎたらけんを引いて一回転したけん玉をけんに入れます。円月殺法よりも強めに振ると二回目がうまく回ります。持ち方・振り方は自由です。

扇風機

扇風機

動画はこちら ↑

玉持ちでけんを左右に振ります。けんを振りあげ手の甲に糸が来たらけん玉を離し、手のひらで糸を触ってけんとけん玉を回転させ、けんが手にあたったらけんをとり、けんの下をけん玉が通り過ぎたらけんを引いて一回転したけん玉をけんに入れます。けんが逆さになって手のひら側にあたったら、けん玉が下から上にあがって来た時に手を離してけんを半回転させてけんをとります。

扇風機 2

扇風機

動画はこちら ↑

けんを逆さにして中皿のあたりを上からつかんで持ちけん玉を大きく左右に振ります。けん玉がお腹の前あたりに来るイメージで振りあげ、右手を腰の左側に持っていき、けんよりもけん玉が高くあがったらけんを離し、けんが上側から右側にきたあたりでけん玉の近くの糸を人差し指で下から上に押しあげけん玉を右側に送り、すぐに手のひらでけん玉の近くの糸を左側に向かって触り、手の周りでけんとけん玉を回転させ、けんが手にあたったらけんをとり、けんの下をけん玉が通り過ぎたらけんを引いて一回転したけん玉をけんに入れます。けんが逆さになって手のひら側にあたったら、けん玉が下から上にあがって来た時に手を離してけんを半回転させてけんをとります。

宇宙遊泳スワップけん

宇宙

動画はこちら ↑

けんを逆さにして中皿のあたりを上からつかんで持ちけん玉を宇宙遊泳よりも大きめに左右に振ります。けん玉がお腹の前あたりに来るイメージで振りあげ、右手を腰の左側に持っていき、けんよりもけん玉が高くあがったらけんを離し、けんが上側から右側に来たあたりでけん玉をとり、上半身を左に向けてけん玉の下をけんが通り過ぎたらけん玉をお腹に向かって引き、けん玉を軽く投げあげて一回転したけんを取り、けん玉の穴が見えたらけんに入れます。持ち方・振り方は自由です。

うずしおうずまき宇宙遊泳

宇宙

動画はこちら ↑

大皿が右に来るようにけんとけん玉を入れて右手の人差し指に糸をかけ、左手でけんを持ちます。けんを離し左から見て時計回りになるようにけんを2,3回転回します。けんが上から自分の方へ来たら上半身を右に捻り、人差し指を下にして糸が外れるまで回転させ、糸が外れたらけん玉を取り、上半身を左に向けてけんがけん玉の下を通過したらけん玉をあごに向かってあげ、半回転したけんをけん玉に入れます。始めけんを回す時にけんの向きが変わらないように回します。スピードが速いとタイミングが取りづらくなり、遅いとけん玉が抜けてしまうのでけん玉が抜けないスピードで回します。上半身を右に捻るタイミングがずれると糸が外れません。上半身を右に捻った時に右手を動かすと糸が外れないので、右手は固定をして人差し指を下げると外れやすくなります。糸が外れるとけん玉が指に当たりますので、当たってすぐにけん玉を取ると穴が上を向いた状態になります。