このエントリーをはてなブックマークに追加

すくい系

持ち方

右利きで紹介しています。左利きは逆になります。

基本としましては、力を抜き、腕の力ではなく膝を使って上げてください。腕の力で上げると思い通りにコントロールできません。まずは基本の上げ方を練習しましょう。

すくいけん

すくう

動画はこちら ↑

玉持ちで大皿を自分の方へ向けた状態でけんをあげます。手首を返してけん玉の穴を下にしてけんを入れ手首を返します。けんをあげるときに、けんを斜めにあげるとやりやすくなります。

すくいけん 2

すくう

動画はこちら ↑

けん玉の穴を下にした状態で玉持ちをし、けんを真っ直ぐにあげてけんを入れ手首を返します。こちらは、すくいはねけんなどをやるときに、こちらのやり方ですくいけんをします。

一回転すくいけん

すくう

動画はこちら ↑

玉持ちでけん玉を奥に押しながらあげます。けんが一回転したらけん玉に入れ、手首を返します。膝を深くして高くゆっくりあげるイメージであげると成功しやすくなります。

すくいはねけん

すくう

動画はこちら ↑

けん玉の穴を下にした状態で玉持ちをし、けんを真っ直ぐにあげてけんを入れ手首を返し、すくいけんをします。手首を下から上に返しながらあげ、けんを手前から奥に回転させてけん先が上を向いたらけん玉にいれ、手首を返します。手首の返しがあまいとけんが抜けません。

逆回転すくいはねけん

すくう

動画はこちら ↑

けん玉の穴を下にした状態で玉持ちをし、けんを真っ直ぐにあげてけんを入れ手首を返し、すくいけんをします。あげるときにけん玉の穴を下にして、けんが抜ける直前にけん玉を奥に押して、けんを奥から手前に回転させてけん先が上を向いたらけん玉にいれ、手首を返します。

天中殺

剣

動画はこちら ↑

大皿持ちからけんを逆さにして小皿を自分の方へ向けて構えます。けんを奥に押しながらけん玉をあげ、けん玉の穴が上を向いたらけんをさして手首を返します。手首の返し方は自由です。膝を深くしてあげると回転がゆっくりになります。けんをさすときにけん玉を少し高めにあげて、自分からさしにいかないで上で待ち構えてけん玉に合わせると成功しやすくなります。

地獄車

剣

動画はこちら ↑

大皿持ちからけんを逆さにして小皿を自分の方へ向けて構えます。けん玉を半回転させながらあげ、けんをさして手首を返し天中殺をします。手首を下から上に返しながらあげ、けん玉が一回転したらけんにさして手首を返します。

中皿~天中殺

剣

動画はこちら ↑

大皿持ちからけんを逆さにして小皿を自分の方へ向けて構えて、けん玉を半回転させて中皿をします。少しあげてけん玉にけんをさして手首を返します。中皿にのせるときにけん玉の穴が真上を向くとやりやすくなります。

無回転すくいはねけん

すくう

動画はこちら ↑

けん玉の穴を下にした状態で玉持ちをし、けんを真っ直ぐにあげてけんを入れ手首を返し、すくいけんをします。けんが下に来るように手首を返しながらあげ、少し止めてからけん玉をけんから抜き、すぐにけんに入れて手首を返します。膝を深くしてあげ、顔の前あたりでけん玉を一瞬止めてから抜くとうまく抜けます。